<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

待つということ

『極北の怪異』〔ロバート・フラハーティ、1922〕は映画作品の中でも最も美しいものである。我々が必要としていたのは、運命についてではなく、時間の次元そのものについての我々の尺度に合った悲劇だった。なるほど、過去五十年にわたって、映画作家の努力は、時間が一度に我々を閉じ込めるこの現在というものの境界を壊すことに向けられてきた。しかし、その第一の目標は、瞬間というものに対して、他の芸術が与えることを拒否している重みを付与することだった。待つことの悲愴感は、他の場合には至るところで卑俗な手段と化しているが、映画においては、神秘的なやり方で、事物の理解そのものの中に我々を投げ入れる。なぜなら、ここでは時間の持続を引きのばしたり、縮めたりするためのいかなる作為も可能ではないからであり、映画作家があまりにしばしば不可避と考えたあらゆる技法――例えば、「並行モンタージュ」の技法など――も、早いうちから彼にとっては裏目の結果を招いた。しかし、『極北の怪異』は、そうしたごまかしを我々に押しつけることはない。例を一つだけあげておこう。主人公のエスキモーが、浜辺で寝ているアザラシの一群を捕える機会を窺って、画面の隅にしゃがみ込んでいるくだりである。このショットの美しさはどこから来るのか。それはひとえに、カメラが我々に示す視点が、ドラマの当事者のそれでも、また人間の眼のそれですらもない、ということからくるのである。これがもし後者の場合であれば、一つの要素が他のすべての要素を排除して、その注意を独占してしまったことだろう。待つということを、何らかのやり方で、我々の参与を求めることなしに描写した小説家を、一人でもあげてみてほしい。ここでは行動の悲愴感以上に、時間の神秘そのものが我々の不安を形作っているのである。




エリック・ロメール「絵画の空しさ」(「カイエ・デュ・シネマ」誌、第3号、1951年6月)⇒『美の味わい』63頁より
[PR]
by f_cinemaclub | 2011-12-05 16:56 | 映画

映画は映画である。

 映画は映画である。映画にとって、自らを裏切ることは最も巧妙な偽りの素振りにすぎない。ありもしない純粋さが失われてしまったことをいまだに嘆く人々には、そうした事実が突きつける秘められた矛先を、せいぜいうまくかわしてもらいたいものだ。サイレント映画芸術の登場人物は、意味するための最も日常的な力、つまり言語を奪われたことで、我々を彼ら自身の奥底に導き入れる一つの精緻なやり方を完成させたのである。すべては記号ないしは象徴となった。自らの知性に対して与えられた信頼に気をよくして、観客は理解することに努め、見ることを忘れてしまったのである。願わくは、トーキーの誕生とともに、自らの本性とはまったく関係のない任務から解放されたスクリーンが、その真の機能を、すなわち、語るのではなく見せるという機能を取り戻さんことを。

 ここでは、外見は存在であり、それは内面世界の実質を自らに引き寄せる。その時、外見は内面世界の記号なのではなく、その具現なのである。

 顔に現れる不安の中にこそ、単にそれが伝えているとされる感情におけるよりも、より多くのものがありはしまいか。チャップリンが映画の最も真正な天才だというのは、何と奇妙な考えだろう。我々の真の師として、ムルナウ、シュトロハイム、ドライヤーに敬意を示そうではないか。観客へのいかなる媚びも、共謀をそそのかすいかなる陰険な要請も、またたとえ慎しいものであっても、同情することへのいかなる誘いも、意に介してはならない。しかるべき距離を保つことを心得ておこう。きっと、映画は自分自身に戻ったことを誇りとして、我々が偽善的にもそこから差し引いた以上のものを、我々に与えてくれるに違いない。



エリック・ロメール「映画の古典時代」(「コンパ」紙、1949年6月15日付)⇒『美の味わい』(勁草書房、1988)54~55頁より引用
[PR]
by f_cinemaclub | 2011-12-05 16:42 | 映画

糸井貫二年表

1920
12.2 生まれる。
1945
8.15 自爆兵として敗戦を迎える/鹿児島・伊作峠山中
  →薩摩半島吹上浜から上陸する連合軍を迎撃するため、爆弾を装着して戦車を爆破する特攻兵として訓練を受けていた。
1946
11.1-11.3 第1回国民体育大会に京都代表の体操選手として参加/京都
1947
4. 古河鉱業大峰炭鉱で坑内労働に従事/福岡・田川
1948
11.21 大分県県民体育大会に体操(鉄棒車輪)で出場、2位入賞/大分
1949
11. 古河鉱業を退社、上京し芝浦冷蔵庫に入社
1951
2.27-3.18 第3回読売アンデパンダン展に作品『たまご』を初出品/東京
5. 糸井貫二個展、フォルム画廊/東京・銀座
  →初の個展。変形額の絵や発光塗料を塗った月の絵、妻子の写真に基づく線画など。
1952
10. 芝浦冷蔵庫退社、両親のいる仙台に移り再婚
  →仲人は飯田岳楼。父の会社である仙台製線工業所を手伝う。
1953
5.11-5.20 第17回河北美術展に参加 藤崎/仙台
1954
3.1 『遊』創刊/仙台
   →飯田岳楼の編集・発行による連句と俳石の月刊誌。「俳石」とは道端や河原で拾った石に題名をつける飯田が考案した遊びで、
糸井貫二はこれ以前にも俳石に参加して藤崎(百貨店)で展示を行なっており、また創刊号よりその審査員として名を記されているが、
実際には審査に参加していない。
8.13 仙台から東京・大森に転居
1955
6.27 2回目の離婚、5月から大田区山王に住む
1956
10. 天理教修養科第184期生終了/奈良
1957
7.22-7.27 イトイカンジ個展 求竜堂画廊/東京・銀座
  →油彩『黒のドレスの婦人』『チューリップ』、コラージュ、折紙、ドングリの盆栽『武蔵野』、版画『運命』『白亀』『星月夜』を貼り
和歌を書いた色紙、ボロ靴に造花を生けた作品を出品。俳石、「小鳥の春」三部作の版画『忍苦』『国境の雲』も展示か。自室にあったカーテンを
スカートにしてはいて行く、最初のパフォーマンス的行為。来場者に飯田岳楼発行の『遊』誌を配布。普門暁、靉嘔ほか、『遊』関係者を含む多数の
観客が来廊、作品もよく売れた。
12.24-12.28 糸井貫二個展 村松画廊/東京・銀座
  →アクション・ペインティングの大作、手型・足型をつけた絵画を発表。このとき篠原有司男と出会い、読売アンデパンダン展出品を勧められる。
1958
1.25 『遊』表紙に版画『原子雲』、本文に俳石版画『夕浪千鳥』掲載/仙台
  →『原子雲』は第41冊(58年1月25日)から第60冊(59年8月25日)まで毎回刷り色を変えて連続掲載。
2.4-2.10 いといかんじ個展 櫟画廊/東京・銀座
  →アクション・ペインティングの大作を出品。『休息』『参禅』『禅に生きる』『宇宙にふれる』ほか小品2点。最大の『宇宙にふれる』は
縦1.8m、横7.2m。針生一郎、篠原有司男、黒木不具人、今井俊満が来廊。
2.22-3.3 加賀見政之個展に来廊 日比谷画廊/東京
   →糸井貫二が来廊し対面、両者の交遊が始まる。のち加賀見が大森の糸井を訪ねる。糸井は「イトイカンジ美術研究所」の看板を掲げていた。
3.12-3.27 第10回読売アンデパンダン展に出品 東京都美術館/東京
7.2-7.14 第11回日本アンデパンダン展に出品 東京都美術館/東京
1959
2.18-3.1 第12回日本アンデパンダン展に出品 東京都美術館/東京
2.28-3.15 第11回読売アンデパンダン展に出品 東京都美術館/東京
6. 昌平高校グループに参加/東京
8.7-8.8 イトイ父子コラージュ展 東京電力サービスセンター/東京・目黒
  →糸井義郎のクレパス画と貼り絵、それに基づく糸井貫二のテープ状色紙による貼り絵。
9. 糸井貫二個展 大森画荘/東京
    →同年8月の東電サービスセンターにおける父子コラージュ展と同様の内容。
9.25 『遊』表紙に版画『金魚』、本文に俳石版画『天平仏』掲載/仙台
  →『金魚』は第61冊(59年9月25日)から第80冊(61年4月25日)まで毎回刷り色を変えて連続掲載。
11. 糸井貫二個展 大森画荘/東京
  →オブジェを使った絵画、漢詩、息子の絵を出品。来客に茶の湯を点じる。
12? <オールジャパン>(のちの<ネオ・ダダ>)に誘われるが断る。
1960
3.1-3.16 第12回読売アンデパンダン展に出品 東京都美術館/東京
  →『涅槃達陀』『障子』『えだ』『阿字観』『行動だ』『間』
3.18? <ネオ・ダダ>結成の会合に立ち会う。 村松画廊/東京・銀座
4. 東松照明によって撮影される。 銀座画廊、市ヶ谷ほか/東京
6. 大森を引き払い大分県中津市に移る
  →中津は父方の郷里で、父・辰三郎の姉の家で長男義朗とともに3年暮らす。
6. 東松照明によって撮影された写真を含む『檻』が『カメラ毎日』6月号に発表される
8.5-8.9 父と子の童画ハリ絵展 中津市商工会議所3階ホール/大分
  →糸井貫二が中津時代に3回行なった展覧会の最初のもの。前年8月の父子コラージュ展の出品作に近作を加えた展示。童話作家の中西吟平が詩を添えた。
9.17-9.24 イトイカンジ個展 中津市商工会議所3階ホール/大分
  →中津での糸井貫二による2回目の展覧会。詩と版画を展示。
10.27-10.30 糸井貫二個展 中津市商工会議所3階ホール/大分
  →中津での3回目の展覧会。「“もう一つの顔”ダダ展」「ビート造形芸術」「出た!ビートニク」、オブジェ写真に基づく銅版画『もうひとつの顔』出品。
11.16 鈴木大拙の本を5冊購入
12.11 ジォルジュ・ユニエ『ダダの冒険』(美術出版社)購入/大分・中津
12.15 裸体含む4ポーズを撮影 アリカ写真館/大分・中津
1961
3.2-3.16 第13回読売アンデパンダン展に出品(『ダダッ子貫ちゃん』) 東京都美術館/東京
5. ダダについてのメモ/大分・中津
  →「自分の心理上に何ら変ったことはなかったが/ただこのダダが自分にくっついてまわって…」で始まる。
9. 『DaDa1961』発行/大分・中津
  →「遊+みのる+ダダ禅」発行とあるが、実際は糸井貫二による。みのる(<アンビート>の田代稔)の文章を掲載。『遊』は飯田岳楼が発行する俳石誌。
1962
1.  レイヨグラム制作/大分・中津
  →のちアルバム「光の版画」にまとめられる。
3.2-3.16 第14回読売アンデパンダン展に出品 東京都美術館/東京
  →『自家発電』『トランク』『ももひき』(全品が出品拒否される)。
4.1-4.2 中島由夫個展に中津から突然訪れ、中島感涙。 東京電力サービスステーション/東京・目黒
5.8 大分・中津から千葉・市川の加賀見政之宅に移る。
8.15 敗戦記念晩餐会(芸術マイナス芸術〔敗戦を記念して〕)を見学 国立公民館/東京
10.6-10.10 篠原有司男個展を訪問 村松画廊/東京・銀座
10.23-10.24 ジョン・ケージとD.テュードアのイヴェント(Sogetsu Contemporary Series/19)草月会館ホール/東京・赤坂
  →24日に小野洋子が出演、テュードアによるジョージ・ブレクト『Incidental Music』の演奏で豆をいって床にまく。
観客席にいた糸井貫二が豆を持って帰ろうとするところをテュードアが呼び止めて、糸井の掌の上の豆の写真を撮る。
11. 鈴木大拙の禅書を読む/大分・中津
11.13? ジョン・ケージ演奏会を聞きに行く。 南画廊/東京・日本橋
12.2 <アンビート>のパフォーマンスに参加 四条河原、京都学芸大学校庭、京都市美術館、円山公園/京都
  →京都・大阪3日間のパフォーマンスツアーの初日。河原では四条大橋から多くの観衆が見るなか、メンバー各人がパフォーマンスや演奏。
糸井貫二は山高帽にミニスカートで欄干に立ち、加賀見に帽子を投げる。京都学芸大では糸井は全裸で校庭の松の木の頂上まで登り、松の若葉を食べて周囲を見わたす。
12.3? <アンビート>のパフォーマンス 大阪駅交番前/大阪
  →糸井貫二と田代稔が格闘、のち田代が糸井の靴を舐める。
12.4 <アンビート>のパフォーマンス 土佐堀川可動堰(現・鏡橋)か/大阪・中之島
  →身体に紐を巻きつけるなど異様な服装でパフォーマンス、新聞に写真入で掲載。中之島の可動橋では、糸井は加賀見が持ってきた少女用の黒いミニスカートと山高帽子に
着替えてコンクリートの欄干に立ち(パンツをはいていないので、下から見ると糸井好みのチラリズム)、山高帽をブーメランのように飛ばして加賀見がそれを受け止めた。
「九州から応援参加したというイトイカンさん(42)が端のランカンですっ裸になってさか立ちをはじめたので天満署の警官二人が「公然ワイセツの疑いで任意同行を求める!」
とイキリたってせっかくの芸術もオジャン。」(「東京の若い絵描きたちの週末パーティ」『世界裸か美画報』1960年8月号)
1963
3.2-3.16 第15回読売アンデパンダン展に出品 東京都美術館/東京
 『ダダカンの鞄』『43才になった一匹狼』。最後の読売アンデパンダン展。最も多くのパフォーマンスが行われる。
 <アンビート>の中島由夫と田代稔、糸井貫二が会場内および美術館入口で2日に「Damact」を行ない、館員の通報により警官出動で全員連行される(チラシの予告では「Damact」は3月10日、16日にも予定されていた。
4. 糸井貫二コラージュ展 日立ファミリーセンター/仙台
  →『アサヒカメラ』などのグラビア写真を使ったコラージュ。初日、センター主より煽情的との理由で作品の半分が撤去される。
6.22 超前衛集団展に参加 美術家会館6階ホール/東京・銀座
  →スキムミルク箱に細工をした「のぞき艶写真』を観客に進呈。
8.15 『赤い風船あるいは牝狼の夜』(<犯罪者同盟>の機関紙『犯罪者の赤い風船』特別号)に写真掲載。
1964
4.  市川から仙台に移る
7.18 第一回全日本アンデパンダン展に出品 横浜市民ギャラリー/横浜
  →『ポスター』『画帳』
8.30-9.5 日本超芸術見本市に作品送付 愛知県文化会館美術館、平和公園ほか/名古屋
9.29-1011 '64仙台アンデパンダン展に参加 三越百貨店/仙台
     『ヘルメット』(エロ写真をコラージュしたバイクのヘルメット)とインスタレーション『ゼロの男』を出品、作品の中で自らが立つ。また全裸になって外をはい回る。
     糸井のサングラス姿に魅せられた東北大ブントの上條順次郎(のち<ゼロ次元>)と鈴木光一、鈴木征一がパフォーマンスに参加。機動隊が出動、逮捕される。
     規制の多さに嫌気がさした糸井は、会期途中で上京して銀座を走る。
10.4 銀座通りを走る/東京
  →東京オリンピックの聖火ランナーに刺激を受けて行なう。服部時計店前より、顔を白包帯で多い、赤いフンドシを聖火になぞらえて掲げ、京橋方面へ走行中、故意にフンドシを外して全裸になる。
     時計店の前に戻って来たところで警官に逮捕され「東京オリンピック関係事犯第1号」とされる。
10.7 糸井貫二、精神病院に強制入院/東京・練馬
  →65年9月30日まで。「狂気の神聖さに圧倒され」ることになる。入院中、アルバム「光の版画」に日記・文章を加筆。
1965
9.1  精神病院退院/東京・練馬
11.1-11.6 20世紀博物覧会尻蔵元儀式物博を見に行く。 内科画廊/東京・新橋
1966
5.1 全国狂気見本市('66ヨヨアンデパンダン前衛芸術家亜苦庶ん大会)に参加 メーデー会場(ワシントンハイツ跡特設会場)/東京・代々木
8.28 現代美術の祭典(堺アンデパンダン展)に参加 金岡公園、金岡公園体育館/堺
     作品名『ダダの経験』
9. 『ゲゲ』3号発行
  →あさいますお追悼特集に執筆。糸井は「堕堕観」(鈴木大拙の文章の剽窃)を掲載。
1967
3. 『黒赤金玉袋』発行/東京 →に執筆。
 9. 「カラスまたは芋虫の踊り」 新宿駅東口「フーテン広場」/東京
  →透明ビニールと黒い綿布による、一方からだけ裸体が見える衣装を使う。2日間留置場に入れられる。
11. 西公園アート・フェスティバルに参加 西公園/仙台
     仙台アンデパンダン展で宮城輝夫らモダニズム系作家が主流だったことに不満を持った石川舜らが企画し、昭和生まれの作家に限定してより前衛的な作品を集めようとしたもの。
     飛び入り参加の糸井は、角帽をかぶり半分だけ透明なガウン状の服(貫頭衣)を着て、加藤好弘からもらったペニスのオブジェを丸い洗剤の缶に立てる(のち石川が作品として掘ったゴミ捨て用の穴の底に移される)。
     別の日には会場周辺の樹木にトイレット・ペーパーを巻きつける。
12.1 故由比忠之進追悼国民儀に参加 椿近代画廊前、新宿駅西口安田生命裏特設会場ほか/東京
     糸井は後頭部十字剃り残しのヘア・スタイルで行進に参加。ヨシダ・ヨシエと糸井が警察で事情聴取を受ける。
1968
6?-6.10 触感覚映像大会 コニシリビング/仙台
  →会場に毎日通い、さいとうよしあきの作品である白布の上でパフォーマンスを行なう。人造ペニスを額につけ、横たわって女性の脚形をした風船の股間に顔を突っ込む。
1969
1.1-1.2 さいとうよしあき企画のパフォーマンス発表会 フジヤ画廊/仙台
     糸井貫二は2日間ともパフォーマンス。洗剤の缶を開け、風呂敷を出し、全裸になって開脚三点倒立。ブリーフからソーセージを出してペニスをふり回すような踊り。プラスチックの容器から水を出し小便をするふり。
     でんぐり返しをして口に含んでいた卵を転がす。
6.15 学生デモに続いて歩く/仙台
  →鍋の兜をかぶって全裸に半透明の衣装を着る。
7.16 拘留中の末永蒼生らに激励の手紙を送る
10. 「ハップ広場宣言」 仙台市庁舎前噴水広場/仙台
  →ガス・コンロで湯を沸かしコーヒーを飲む。「ハップ広場宣言」は、さいとうよしあきによる命名。
1970
1.14 「ドント祭全裸性火廻り」 大崎八幡宮/仙台
  →正月飾り・古神札を燃やして無病息災・家内安全を祈る小正月の行事「松焚祭(まつたきまつり)」で、全裸聖火ランナーを再現。警察に連衡されるがすぐ釈放される。
3.8 さいとうよしあき、商店街のアーケードに上る/仙台・東一番町
  →糸井貫二に告知する。
4.27 全裸で走る 万博お祭り広場/大阪
     →大分・中津から仙台に帰る途中、新聞で「太陽の塔」の目玉を占拠した男の記事を見て途中下車、お祭り広場を15メートルほど疾走したあと警察官に取り押さえられる。
 6.7 『いなばの白うさぎ』の撮影 セバスチャン/東京・新宿
     糸井貫二ほか出演。
10.11 MAD・MAP 仙台市内各地/仙台
     MAD・MAP(Mutual Art Damage of Multiple Actionist Project)」は、東一番町・名掛町・国分町・東北大学医学部講堂・西公園・文化センター・路面電車など、各所で同時多発のパフォーマンスを行なうイベント。
     糸井貫二は東北大に行ったあと、東一番町のアーケードで赤い「男根型」の衣装を着て走り、のち脱いで全裸になる。
12.17 <ゼロ次元>儀式映画、『いなばの白うさぎ』上映会 俳優座劇場/東京・六本木
     客演=糸井貫二
1971
8. 「こんばんは落合恵子です」(文化放送)に芸術的ファン・レターを送付
1972
2. 三菱重工反戦株主登録/仙台
3. 仙台から京都に移る
  →由布院から宇治に転院した母の看護のため。以後79年5月まで京都に住む。



★引用・参考資料★
 黒ダライ児『肉体のアナーキズム』(grambooks,2010)
[PR]
by f_cinemaclub | 2011-12-05 16:24 | 情熱


FCCのブログです。


by f_cinemaclub

プロフィールを見る
画像一覧